ベルタ酵素の全成分を調べました!添加物は大丈夫?

ベルタ酵素 全成分を知りたかったので、ベルタ酵素の原材料を調査してみました。やはり美容成分と食品添加物が気になりますよね。完全無添加の酵素ドリンクを探している方も必見です!

ベルタ酵素の原材料は下記の通りです。

プラセンタヒアルロン酸ザクロ、 キダチアロエ、ドクダミ、ハチミツ、高麗人参、ウメ、アマチャズル、アマドコロ、オオバコ、オトギリソウ、カンゾウ、クマザサ、タンポポの根、ツユクサ、ツルナ、トチュウ葉、ハト麦、ハブ草、マツ葉、ヤマイモ、レイシ、アカメガシワ、タマネギ外皮、サラシア、イチジクの葉、イチョウ葉、エゾウコギ、カキの葉、カミツレ、カリン、キキョウ根、キンカン、クコの実、クコ葉、クワ葉、シソ葉、ショウガ、エビス草、エンメイソウ、センシンレン、スギナ、セッコツボク、トウガラシ、ナツメ、ニンドウ、ビワ葉、ベニバナ、ミカンの皮、メグスリの木、モモの葉、モロヘイヤ、ラカンカ、レンセンソウ、田七人参、アンズ、イチジク、グレープフルーツ、パイナップル、ブドウ、ミカン、メロン、リンゴ、レモン、コンブ、シイタケ、フノリ、キャベツ、ゴボウ、タマネギ、ニンジン、ニンニク、パセリ、モヤシ、ラッキョウ、アムラの実、イチイの実、イボナシツヅラフジ、ツボクサ、トゥシー、キャッツクロー、ハッショウマメ、ムイラプアマ(地上部)、ルイボス、紅参、ウコン、ナンテンの葉、昆布、わかめ、のり、ローズマリー、カツアバ、カルケージャ、紫イペ、スギナ、シャペウ・デ・コウロ、パタ・デ・ヴァカ、パフィア、レモングラス、アニス、マテ、ステビア、ガラナ、パッションフラワー、ぺトラ・ウメ・カー、キャッツクロー、シナモン、ショウガ、ハトムギ、ヤーコン(葉)、アマチャズル、グローブ、ガジュツ、マカ、レンコン、ごぼう、玄米、オートミール、とうもろこし、大麦、えんどう豆、小豆、ジャロ・フェイジョン豆、紫フェイジョン豆、胡麻、ミレット、大豆、丸小麦、ライ麦、黒フェイジョン豆、エジプト豆、レンズ豆、オレンジ、パイナップル、バナナ、リンゴ、パパイア、グァバ、アボガド、ドライプルーン、アセロラ、レモン、レーズン、マンゴー、スターフルーツ、スイカ、カシューナッツ、パラナッツ、クビュー、キウイフルーツ、洋なし、クプアス、アサイー、アラサボイ、ジェニパブ、グラビオーラ、タペレバ、カムカム、じゃがいも、カボチャ、キャッサバ、トマト、コウベマンテイガ、ピーマン、赤カブ、ヤーコン、アボボラ、 果糖ブドウ糖液糖、イソマルトオリゴ糖、水溶性食物繊維、植物発酵抽出物、エリスリトール、リンゴ果汁、クエン酸、増粘剤(ペクチン:リンゴ由来)、ユッカ抽出物、香料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸ブチル) ※原材料の一部にヤマイモ・リンゴを含みます。

この中の「プラセンタ」「ヒアルロン酸」「ザクロ」が三大美容成分です。ダイエットだけでなく、美肌効果も期待できます。

「水溶性食物繊維」が含まれているため、便秘解消や腸内をキレイにすることで栄養素の吸収率を高めてくれます。

「増粘剤」「香料」「保存料」などの食品添加物も含まれています。保存料の安息香酸ナトリウムとは、醤油や清涼飲料水によく使用されているものです。

増粘剤とは液体の粘性を高めるもので、ジャムやフルーツソースによく使用されています。増粘剤には整腸作用もあって、下痢や便秘を予防します。

※ベルタ酵素に含まれている食品添加物は一般に使用されているものばかりなので特に心配する必要はないのですが、無添加にこだわる方には完全無添加のファストザイムがおすすめです。

ベルタ酵素は熱にも酸にも強い新酵素成分(エンザミン)だから、99%の人がダイエットに成功して痩せています。

今なら22%OFF送料無料、プロによる無料のダイエットサポート付きなので、ベルタ酵素が一番お得に減量できますね。

詳細は下記の公式サイトで確認してみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする