スルスル酵素でアレルギー反応が出る?これって副作用?

スルスル酵素 アレルギー」という言葉を調べている人が多いようです。女性誌でも芸能人の間でも大人気のスルスル酵素ですが、アレルギー反応や副作用が出るのでは安心してダイエットできませんね。スルスル酵素とアレルギーの関係を解明します!

まず副作用の件から調べました。「副作用」という言葉は医薬品にしか使わない言葉なので、薬ではないスルスル酵素に使うのは正しくありません。スルスル酵素は健康食品なので食物と同じです。ですからスルスル酵素に副作用はないと言い切ることができます。

次にアレルギーの件ですが、特定の食物や特定の成分でアレルギーを起こす体質の人は、スルスル酵素でもアレルギー反応が出るかもしれません。前述したように「スルスル酵素は食物と同じ」だからです。

栄養管理士が作ったスルスル酵素に添加物は入っていませんが、アレルギーをお持ちの方は下記の原材料をチェックしてください。

【スルスル酵素の原材料】穀物発酵エキス末(穀物発酵エキス、マルトデキストリン)、ビール酵母、野草発酵エキス末(デキストリン、植物発酵エキス)、乳酸菌(殺菌)、ゼラチン、カラメル色素、(一部に小麦、乳成分、りんご、ゼラチンを含む)

【スルスル酵素に含まれている80種類もの野草】デキストリン、てんさい糖、黒砂糖、ヨモギ、ウコンウ、どくだみ、キダチアロエ、高麗人蔘、センシンレイ、オトギリソウ、くまざさ、たんぽぽの根、霊芝、アマチャズル、杜仲葉、オオバコ、甘草、松葉、ナンテンの葉、アマドコロ、ツユクサ、ツルナ、マカ、トンカットアリ、ハブ草、はと麦、スギナ、ビワ葉、羅漢果、クコの実、レイセンソウ、桃の葉、イチョウ葉、ニンドウ、いちじく葉、紅花、エゾウコギ、延命草、モロヘイヤ、セッコツボク、アカメガシワ、クコ葉、カキの葉、カミツレ、かりん、シソ葉、桑葉、メグスリの木、田七人参、キキョウ根、ナツメ、サラシア、マタタビ、エビスグサの種子、紅参、アガリク、アムラの実、キャッツクロー、玉ねぎ外皮、梅、金柑、いちじく、ミカン、パイナップル、りんご、グレープ、メロン、レモン、グレープフルーツ、アプリコット、唐辛子、生姜、しいたけ、人参、玉ねぎ、パセリ、キャベツ、ごぼう、もやし、にんにく、昆布、フノリ、酵母、乳酸菌、麹菌

いかがでしょうか?上記のものにアレルギーがないならば、スルスル酵素を試しても大丈夫だと思います。

スルスル酵素は活性酵素なので身体に作用する本物の酵素です。酵素は人が生きていくうえで絶対に必要なものですが加齢とともに自然と失われていきますから、サプリで積極的に補いたいですね。

スルスル酵素は最大30%OFF送料無料で試すことができます。ぜひ本物の活性酵素の効果をご自身で確認してみることをおすすめします。

詳細は以下の公式サイトで確認してみてください。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓






シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする